投稿者「EDITODESIGN」のアーカイブ

kansAI0.6連携『起業の科学』の著書・田所雅之氏による「公開ピッチ&メンタリング」

スタートアップはなぜ失敗するのか!?あなたの失敗の90%はサイエンスで回避できる!

アマゾン3部門(経営、起業、イノベーション)で18週連続ベストセラー1位になった書籍『起業の科学 スタートアップサイエンス』の著者であり、自身5社を起業してきたシリアルアントレプレナー・田所 雅之 氏があなたの事業アイデアを公開メンタリングします。当日の参加者、そして公開メンタリングを受けてくださるピッチ登壇者の方3名を募集します!

スタートアップはアートの要素が強く、やってみないと成功するか失敗するか分からないとも言われます。しかし、アメリカ、日本で5社起業し、スタートアップに関する世界中のありとあらゆる文献、インタビュー、ブログ、動画、書籍を渉猟してきたシリアルアントレプレナーの田所氏からすれば、その失敗の90%はサイエンスで回避できるといいます。
やる前から既に失敗することがほぼわかっている事業アイデアにすべてを投げうって投資する起業家の死屍累々……そうした状況を少しでも変えるべく、田所氏は『起業の科学』を上梓されました。
これから新たに事業を立ち上げようとするアントレプレナーの方、社内で新規事業開発を担当されるイントレプレナーの方は、ぜひお手に取ってご一読ください。そして事業アイデアをぜひこの場でピッチし、公開メンタリングを受けてみませんか?きっとさまざまな気付きやアイデアが得られるはずです。

将来的に起業を目指しているという方や、スタートアップをアドバイスする立場にある専門家・支援人材の方もぜひご参加ください。聴き手に好印象を与えるピッチや、効果的なメンタリングの手法などについて、多くの示唆が得られるのではないかと思います。

※ピッチとは?
スタートアップが投資家などに対し自身の事業アイデアやサービスを紹介する際に行うプレゼンのこと。通常のプレゼンと異なり、初見の相手や不特定多数の聴衆に対して行われるため、データやロジックより、共感のしやすさやわかりやすさ、簡潔さが求められる。

スケジュール

18:00~ 受付開始
18:30~19:10  講演『Startupの失敗90%を無くす10のポイント』(田所 雅之 氏)
19:20~20:30  『公開ピッチ&メンタリング』( ピッチ登壇者&田所 雅之 氏)
※約10分のピッチの後、約10分で田所氏からのメンタリング、会場からの質疑といった形式で進めさせていただきます。

講演者略歴

田所 雅之 氏

田所 雅之 氏(ベーシックCSO/ユニコーンファームCEO シリアルアントレプレナー)

略歴

これまで日本と米国シリコンバレーで合計5社を起業してきたシリアルアントレプレナー。米国シリコンバレーのベンチャーキャピタル のベンチャーパートナーを務めた。Pioneers Asiaというグローバルスタートアップイベントのスタートアップ責任者を務めるなど、これまで1500社以上の世界中のスタートアップを評価してきた。現在は、国内外のスタートアップ数社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務めながら、日本最大級のウェブマーケティング会社 BasicのChief Strategic Officerを務めながら、事業創造会社のブルーマリンパートナーズのChief Strategic Officerも務める。2017年にスタートアップ支援会社であるUnicorn Farm を立ち上げた。
世界で累計5万シェアされたスライド”Startup Science”、発売後、3部門(経営、起業、イノベーション)で18週連続ベストセラー1位になった書籍 “起業の科学 スタートアップサイエンス”の著者である。

株価APIでミニアイデアソン! + TensorFlow基礎講座

株式会社QUICK様提供の株価APIを用いたミニアイデアソンです

株価データは、多くの社会人にとって最もなじみのあるデータ群の一つです。近年のインターネットでのオンライン取引の浸透によって手軽に株取引ができるようになり、資産運用や投資の手段として広く利用されるようになりました。最近では、機械学習を個人でも実装できるようになったことからシステムトレードに挑戦する人も増え、さらに、AI技術を用いたロボアドバイザーも登場するなど、株価データの活用は新しい局面を迎えています。

今回は、株価APIの新しい活用方法を考えるミニアイデアソンを開催します。この株価APIは、実際の株価データを取得できるものであり、通常は利用契約が必要ですが、本ミニアイデアソンでは当日有効アカウントを参加者の皆様に発行致しますので、通常の株価APIを無料で体験して頂けます。ぜひこの機会に株価APIに触れてみてください。

ミニアイデアソンで利用する株価API

サービス名:QUICK Xignite APIs
リンク:https://www.marketdata-cloud.quick-co.jp/Products
サービス提供事業主:株式会社QUICK
リンク:http://corporate.quick.co.jp/

内容

本ミニアイデアソンでは、株式会社QUICK様より提供される株価APIを使用します。前半では、TensorFlowの基本的な使い方を解説した後、株価データの取得や分析、予測モデルの作成をハンズオン形式で行います。後半では、グループに分かれ、株価APIを利用した新しいビジネスモデルを考えるミニアイデアソンを行います。

対象者

・Pythonの基礎的知識をお持ちの方(※必須)
・株価API、株価データの分析に興味のある方
・株価APIを用いてサービスを考案、提供したいと考える起業家の方

プログラム内容

オープニング(14:00~14:15)
・QUICK Xignite APIs 紹介
・TensorFlow基礎講座(14:00~15:20)
・TensorFlowの使い方
・株価APIでのデータ取得方法
・株価APIを用いたデータ分析例
・株価予測に挑戦
ミニアイデアソン(15:30~17:30)
・グループ分け
・アイデア出し
・発表資料作成
・発表
交流会(17:30~18:30)

講師

小縣 信也 氏(小縣解析事務所 代表)

必要な物

・Anaconda3系最新版とTensorFlow最新版をインストールしたノートPCをご持参ください。
・OSは、Windows7以降、Mac10.9(Mavericks)以降を推奨致します。
・GPU環境は必須ではありません。

ご参加にあたって

当日参加を希望される方は、下記内容をご了承いただける方のみご応募願います。
・講座内で取得した株価データ等を商用に利用しないこと。
・講座内で取得した株価データはセミナー終了後削除すること。

株価APIについて興味がある方へ

当日参加を希望される方は、下記内容をご了承いただける方のみご応募願います。
・講座内で取得した株価データ等を商用に利用しないこと。
・講座内で取得した株価データはセミナー終了後削除すること。

主催

株式会社QUICK / SOLEIL DATA DOJO

電子マネー・カード決済が可能です

SOLのお支払いはぜひ便利なカード決済で。電子マネー・カード決済が可能です。

VISA、Master、JCBなどの主要クレジットカード決済、ICOKAなどの交通系電子マネーのほか「iD」「QUICPay」の決済に対応しています。もちろんApple Payでの決済も可能です。

ぜひご利用ください。※5月よりスタート予定

ご挨拶 – リスクテイクの文化を育みたい

『商都おおさかの中心地から、リスクテイクの文化を育む』

 “失敗したらどうしよう”―何か新しく事業にチャレンジするときにはどうしてもこの不安が付きまといます。“お客さんが一人も来なかったらどうしよう?”、“お金が底を突いたらどうしよう?”、“銀行の融資が下りなかったらどうしよう?”

考え出すとにっちもさっちも前に進めなくなってしまって、ついつい何もしないという安全地帯に逃げ込みたくなります。しかしそこは安全地帯ではありません。

この不確実性の時代に、日本全体が失敗に対する恐れに憑りつかれてしまってはなかなか新しいビジネスの芽は育ちません。とはいえ、何も向う見ずにリスクを取ればいいということでもありません。

適切に“リスクを取ること”―そのリテラシーをもっともっと社会全体に高めていく必要があります。

事業戦略や財務計画、会計、ファイナンス、法務知識から、広報・マーケティング、IT、店舗デザイン、販路開拓、ビジネスマッチング、こうした援護射撃してくれる人たちがいればこれほど心強いことはありません。

SOLでは弁護士、税理士、司法書士、社労士、デザイナー、エンジニア、研究者その他専門家とのつながりをご提供します。

ぜひSOLを思う存分ご利用ください。

SCRIBBLE OSAKA LAB 中井友昭

【関西発】AIアクセラレータープログラム kansAI0.6

プログラム  

①事業開発講座(全11回)
(事業戦略、新技術、法務、サービス開発、財務計画等)
②プロトタイプ開発及びメンタリングの実施と合同報告会(全6回)
③大阪イノベーションハブでのデモ・デー(2018年10月27日(土)予定)

実施期間

2018年4月~10月(約6ヶ月間)

実施場所

Scribble Osaka Lab ※通称SOL(4月中旬オープン予定) 大阪市役所(中之島)北側対岸すぐ

定員数

30名(社内プロジェクト型5社、スタートアップ型5チームを目安とします)
※2類型合わせて参加人数が10名に満たないときは不開催とさせていただきますのでご了承ください。

参加条件

サービス、プロダクト開発のためのリソースを自社ないし自身で確保できること。

受講費用(税抜)

①個人での参加:20万円
②チームでの参加:社内プロジェクト型・50万円/スタートアップ型・30万円
※1チーム最大3名までエントリー可

神戸大学 数理・データサイエンスセンター・ソレイユデータ道場 連携プロジェクト
関西電子情報産業協同組合(KEIS)・大阪イノベーションハブ 共催

メンター

[学術分野]
忽那 憲治 氏(神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 副研究科長・教授)
小澤 誠一 氏(神戸大学 数理・データサイエンス教育研究センター・教授)
鶴田 宏樹 氏(神戸大学 学術研究推進機構 学術・産業イノベーション創造本部・准教授)

[産業分野]
飯沼 純 氏(株式会社コージェントラボ・代表取締役)
森本 好映 氏(株式会社KSKアナリティクス・代表取締役)
古屋 俊和 氏(株式会社エクサウィザーズ・取締役フェロー)
宮内 隆行 氏(株式会社Sassor・共同創業者、CCO)
佐藤 拓也 氏(YuMake合同会社・代表)

[専門職分野]
柿沼 太一 氏(STORIA法律事務所・弁護士)
宮崎 超史 氏(株式会社 ToreruCEO・弁理士)

[支援機関・コンサルタント分野]
長川 勝勇 氏(大阪イノベーションハブ統括プロデューサー)

[技術アドバイザー]
小縣 信也 氏(株式会社Sassor/小縣解析事務所代表)
入江 敦央 氏(株式会社 eftax・AIエンジニア/データアナリスト)

SOLEIL DATA DOJO 第5期 データ分析教育講座 白・茶・黒帯編

2018年4月14日(土)第5期開講!

本講座の「データ分析教育講座 白・茶・黒帯編」が経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の第一回認定を取得しました。認定要件に則り、本講座では受講者の方々の個別の修了評価やフォローアップを実施いたします。

開催日時

白帯編:2018/4/14(土)、4/21(土)、4/28(土)・各日10:00~17:10(90分×12コマ)
茶帯編:2018/5/12(土)、5/19(土)、5/26(土)・各日10:00~17:10(90分×12コマ)
黒帯編:2018/6/9(土)、6/16(土)、6/23(土)・各日10:00~17:10(90分×12コマ)
※プログラミング初心者の方向けに、3/31(土)、4/7(土)14:00~17:00にPCの基本的なコマンド操作やAnacondaなどの環境構築、Pythonの基本プログラミングを習得する受け身編(受講無料)を開催予定です(別途DoorKeeperにてご案内します)。

定員

20名(最低催行人数10名) 

受講料

白帯・茶帯・黒帯編一括申込:130,000円、学生の方(社会人学生除く。):110,000円
白帯・茶帯・黒帯各講座申込:45、000円、学生の方(社会人学生除く。):39,000円 

対象者

・実務や研究でデータ分析に携わっている方(あるいは、これから携わる必要のある方)
・Excel、Word等基本的なPCスキルをお持ちの方
・PCの基本的なコマンド操作を習得している、プログラミングの実行環境の構築ができる方※
※PCの基本的なコマンド操作を習得されていない方、プログラミングの実行環境の構築ができない方は、本講座の受講準備のための受け身編でレクチャーさせていただきます。

本講座の目標

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開するITSS+(プラス)のレベル3(白帯編・茶帯編)及びレベル4(黒帯編)に相当するデータサイエンススキルを身に着けること

統計学や機械学習のアルゴリズム、ディープラーニングに関する基礎知識を理解すること

RapidMinerやPythonを使って分析に必要なデータの収集、前処理及び基礎集計、可視化、保存ができるようになること

RapidMinerやPython、TensorFlowを使って統計学や機械学習のモデルの適切な選択、生成、性能評価、実装ができるようになること

データ分析プロジェクトの目標や仮説・課題、取り組むべきタスクを明確にし、各実施工程(データマートの加工・前処理・基礎集計・モデリング・評価・実装)に落し込んだうえでメンバーでの役割分担を明確にし、進捗管理ができるようになること

習得した知識やスキルを実際の自社のビジネスの課題に適用し、現場の生産性の向上などの課題解決に結び付けられるようになること

過去の受講生の方々の声(一部抜粋)

データ分析初心者でしたが、講義やグループ課題を通して、応用的な機械学習を自分で調べて実践できるようになりました。元はディープラーニングのような華やかな技術に興味があって受講しましたが、機械学習や統計学の基礎的な知識も幅広く得られたことは、今後独習を続ける上で非常に意義深いと思います。講義内で手を動かす時間が限られていましたので、宿題(家で取り組める課題)をもう少し出して頂けると良かったです。

本講座では自分で手を動かすこと、自己学習の必要性とそのとかっかりを教えてくれた点が非常に有益でした。思い切って門をたたいてみて本当に良かったです。講師陣、メンターの方にも恵まれていたと思いますが、一緒に受講したメンバーも様々な分野の方がいらっしゃったので刺激を受けました。 欲を言えば、tensorflow(Keras等もできれば)を現実に近いデータでの演習を加えていただきたかったです。

pythonのcoding、統計解析の基礎を纏めて受講できる唯一無二の講座です。codingをやったことのなかった人でも修了後には自分でデータ解析ができるようになります。非常に良かったです。

以下の点が非常に良かったと思っています。 ・初歩から体系的に学習できたこと ・ひとりで本を読んでもわからないことが、講師の説明で理解の糸口がみつかったこと ・データ分析を習得したいという同じ目標をもつメンバーとの出会があったこと。自分自身の課題は、日常業務と並行して復習したり、課題に取り組む時間を作れなかったことです。 <要望> 短い時間にかなりのコンテンツを詰め込んでいたので、時間の使い方は重要だと思いました。 みなさん時間を捻出して講座にきているので、そこは意識して改善していただきたいと思います。

データ分析に必要な知識・スキルを幅広く短期間で習得出来る内容だと感じました。 本で自習するには頭の痛い分野ですが、基本的な部分から順番に教えて頂けるので、 当初は全く未知の分野でも安心して受講することが出来ました。 関西で、データ分析に関してここまで充実した内容の講座はなかなか無く、貴重な場だと思います。 要望を挙げるとすれば、幅広い知識・スキルが必要なデータ分析において、 3ヶ月では各々の分野について実践までやり切るのは難しいと思うので、 例えばKaggleの提供データを使った事後課題を頂けると、復習時の知識・スキルの定着の面で更に良いのではと思いました。

 ※その他さまざまなご意見やご要望をお寄せいただきました。上記の改善点に関してましては、今後ブラッシュアップし、内容改善していけるよう講師・スタッフで議論を重ねております。

本講座のフォローアップ体制

各開催日の翌週に講義動画を配信し、受講者及び欠席者が講義の内容を復習できるように配慮しています。

開催期間中、Slackというチャットアプリを使って、講義内容に関する疑問点・不明点を講師やティーチングアシスタントに随時質問できる体制を採っております。

到達目標の評価及び修了証の交付について

下記の基準により受講者の方の目標到達度の評価し、一定の水準をクリアした方に対しては修了証を交付します。
・出席率が90%以上に到達していること
・白帯編、茶帯編、黒帯編におけるグループ演習課題及び発表で一定の理解度・習熟度を示していること

本講座のアンケート調査及びフォローアップ調査について

アンケート調査

白帯編、茶帯編、黒帯編終了後に受講者の方々の満足度や講師に対する評価を調査するためアンケートを実施しています。
※アンケート結果は、講師・ティーチングアシスタントにフィードバックし、講座内容の改善に利用させていただきます。

フォローアップ調査

講座終了後一年後を目安に、講座受講者の方々に本講座で習得したスキルの実務での活用状況や学習の継続状況について調査させていただく予定です。

本講座に関する問合せ窓口

〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通三丁目90番地1尼崎KRビルディング5階
SOLEIL DATA DOJO事務局(株式会社 eftax内)
データ分析教育講座担当:中井 友昭
E-mail:info@soleildatadojo.com
電話:06-6423-8240/FAX:06-6419-5601