PROGRAMMING

【全3回:初心者向けRaspberry Pi講座】第1回「Raspberry Piでディープラーニング」

日程2018.08.09(木)

時間13時〜17時

定員15名(最低催行人数5名)

参加費5,000円(参加費のみ) 11,000円(参加費+ラズベリーパイ購入)

場所SOL

開催終了分

このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

AIの体験、IoTの実践にも最適な小型コンピュータ「Raspberry Pi」を使い、物体の検出やディープラーニングを実装する全3回のハンズオンです。1回目では「ラズパイの基礎とディープラーニング」、2回目では「カメラを用いた物体検出」をテーマに、AIとIoTについて実践的に学ぶことができます。そして3回目は各自で作りたいものを自由に作るハッカソンを行います。夏休みにまとまった時間が取れる方は、この機会に是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。高校生や大学生の方のご参加もお待ちしております。

Raspberry Piとは

Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイと呼ばれる)は、英国のRaspberry Pi財団が発表したミニコンピューター基板です。9cm×6cmという手のひらサイズのコンピューターですが、各パーツの性能はスマートフォン相当の高いレベルを有しています。日本では6,000円前後で購入することができます。元は教育用として開発されたものですが、そのサイズと取り扱いの簡便さから、今では趣味から産業用まで、幅広く利用されています。

対象者

下記のような方を対象としています。
– 夏休みの自由研究や、企業でのシステム開発用にIoT機器に挑戦してみたい方
– ラズベリーパイを触ってみたい方

内容

今回は第1回「Raspberry Piでディープラーニング」と題し、Raspberry Piの基本操作を解説し、ディープラーニングを実装します。新品の状態からインストール作業を行い、ディープラーニングの環境を構築、スマートフォンのカメラで撮影した画像などを使って画像認識や分析を体験していただきます(電子工作は行いません)。

プログラム

Raspberry PiへのOSインストールと起動
Python、ディープラーニング環境の構築
やってみようディープラーニング!
※プログラム構成は当日変更が生じる可能性があります。

持ち物

・ノートパソコン(Win、Macどちらでも可)
・スマホもしくはタブレット端末(Android、iOS)
・Raspberry Pi 基板( 詳細は下に記載しています)
・起動用microSDカード (16GB以上)
・USB電源(ACアダプター)
・電源用供給用のマイクロUSBケーブル(2.5A以上)

を当日までにご準備の上お申し込みください。

(1)Raspberry Piの起動には、OSインストール済みのmicroSDカードが必要です。当日microSDカードを持参されなかった方には、OSインストール済みのmicroSDカードを3,000円にて購入いただきます。
(2)ノートパソコンにmicroSDカードを接続するためのSDカードアダプタおよび、USB-SD変換アダプタ(ノートパソコンにSDカードスロットがない場合)が必要です。
(3)Raspberry Pi の入手に関しては、下記サイトにて事前に購入いただくか、「参加費+ラズベリーパイ購入」チケットを選択された方には、こちらで準備しましたラズベリーパイをお渡しすることもできます。チケットを購入された方には、当日以下の3点をお渡しします。

・Raspberry Pi 3 Model B+ 基板
・USB電源
・電源用供給用のマイクロUSBケーブル

事前の購入の場合には、配送まで数日かかる場合がありますので、余裕を持ってご準備ください。

開催日時

第1回:2018/8/9(木)13:00-17:00 ※このページは第1回の申込ページです。第2回および第3回はそれぞれ下記リンク先の該当ページから別途お申し込みください。(第3回に参加するには、第1回もしくは第2回のいずれかに参加している必要があります)

第2回:2018/8/16(木)13:00-17:00(第2回ページはこちらです)
第3回:2018/8/23(木)13:00-17:00(第3回ページはこちらです)

定員

15名(最低催行人数5名)

開催場所

Scribble Osaka Lab(SOL)
(大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」駅1番出口より徒歩4分)
(大阪市北区西天満二丁目5番3号・堂島深川ビル3階)

参加費

5,000円(参加費のみ)
11,000円(参加費+ラズベリーパイ購入)

※ラズベリーパイ費用には、以下が含まれています。

・Raspberry Pi 基板
・USB電源(ACアダプター、もしくはモバイルバッテリーなど)
・電源用供給用のマイクロUSBケーブル

講師

若松 邦茂(Kunishige Wakamatsu)
Python大好きおにいさん、自作アプリをラズパイに入れると、まるで自分の思い通りに動く小人のように働いてくれます。次はなにをさせようか考えるのはとても楽しいです。

小林 万寿夫(Masuo Kobayashi)
ラズパイ大好きおじさん、Linux歴は20年ほど。15年前から自社製の組込用基板にLinuxをポーティングして産業向けの製品に使用している。カーネルをコンパイルしたり、デバイスドライバーを製作できるようになると楽しいですよ。

イベント一覧へ戻る

ドロップイン型のクリエイティブラウンジドロップイン型のクリエイティブラウンジ

Copyright © SCRIBBLE OSAKA LAB