PROGRAMMING

【11/9(金)・16(金)】初心者向け・2回で学ぶシリーズ②『Pandasによるデータ前処理と可視化の基礎』

日程2018.11.9(金)/2018.11.16(金)

時間19時30分〜21時30分

定員8名(最低催行人数3名)

参加費3,000円(2回セット料金で初回に前払いとなります。)※1回目・2回目ともに別途会場のコワーキング利用料(2h分900円/コーヒー・緑茶・紅茶無料)が掛かります。

場所SOL

開催終了分

このエントリーをはてなブックマークに追加

2回で学ぶシリーズvol.2~データ分析のはじめの一歩!データの前処理と可視化の基礎を学ぶ

内容

 前回の『PythonとJupyterNotebookの基礎』では、1回目でJupyterNotebookをインストールしてプログラミング言語Pythonの基礎について学び、2回目ではPythonのデータ前処理モジュールPandasを使ってExcelファイルの前処理を行う演習を実施しました。
 第2弾となる今回は、前回に引き続きこのPandasモジュールを使ってデータの結合や集約などといったデータ操作の基礎を学習し、さらに2日目も具体的なデータセットを使ってデータの前処理工程をひとつひとつ実践的に習得しながら、最後にデータ可視化モジュールPlotlyを使ったデータの可視化技術について学習します。
 プログラミング上達の道のりは長く険しいですが、とにかく「繰り返し手を動かす習慣を身に着けること」。それから「一緒に学べる仲間を作ること」も一つの有効な手段ではないでしょうか。
 平日のお仕事帰りに大阪市役所すぐのイベント・コワーキングスペースSOLに立ち寄って何人かで一緒にプログラミングの勉強をしませんか?
 Anacondaはインストール済みでJupyterNotebookやPythonに少し触ったことがあるという方はこちらの第2弾からご参加いただいてもかまいません。ふるってご参加くださいませ!

対象者

・前回の「PythonとJupyterNotebookの基礎」に参加された方
・Anacondaはインストール済みでPython初心者の方
・Pythonでのデータ分析に興味のある方
 ※ノートPC をご持参ください。(PC環境はWindows7以降、Mac10.9(Mavericks)以降。)
 ※とても初歩的な内容を取り扱いますので、他のプログラミング言語の経験者の方にはマッチしない可能性があります。何卒ご了承くださいませ。

ゴールイメージ

Pandasでデータの加工、結合、集約、並べ替えなど基本的な前処理ができるようになる。
Plotlyでヒストグラム、棒グラフ、箱ヒゲ図など基本的なグラフの可視化ができるようになる。

日程・定員・参加費

 1回目:2018年11月9日(金)19:30〜21:30
 2回目:2018年11月16日(金)19:30〜21:30
 定員:8名(最低催行人数3名)
 参加費:3,000円(2回セット料金で初回に前払いとなります。)
 ※1回目・2回目ともに別途会場のコワーキング利用料(2h分900円/コーヒー・緑茶・紅茶無料)が掛かります。

プログラム

1回目
19:30〜19:40 参加者自己紹介
19:40〜21:20 Pandasの基礎1
21:20〜21:30 質疑応答

2回目
19:30〜19:40 参加者自己紹介
19:40〜20:30 Pandasの基礎2
20:30〜20:20 Plotlyの基礎
21:20〜21:30 質疑応答

※ プログラム構成は、当日若干変更になる可能性がございます。

その他

 Scribble Osaka Lab(SOL)のSlackチャンネルで、Python基礎講座の参加者同士の質問・情報共有用チャンネルを設けております。参加ご希望の方は、申込みフォームのSOLのSlack参加希望にチェックを入れてください。

イベント一覧へ戻る

ドロップイン型のクリエイティブラウンジドロップイン型のクリエイティブラウンジ

Copyright © SCRIBBLE OSAKA LAB