START UP

【大江橋北詰ホンマモン計画~vol.12】『第一部・世界の医療空白域をなくす/第二部・訪問看護×データヘルス=医療情報 〜AIで平準化と効率化』

日程2019.04.22(月)

時間18時30分〜21時

定員20名

参加費2,000円(ワンドリンク付き)

場所SOL

参加申込する

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成最後の月は夢も志も特大級のお二方がご登壇!医療・介護領域の社会解決課題に挑む!

第一部では、レキオ・パワー・テクノロジー株式会社の代表取締役 河村晢氏がご登壇。ジェネリック医療機器を世界の医療空白域に届けたいという熱い志を胸に目下沖縄を拠点に事業化を推進されています。

第二部の株式会社eWeLL・代表取締役社長CEO・中野 剛人氏は、日本で唯一の訪問看護システム「iBow」を展開し、テクノロジーの力を最大限に活用して訪問看護の現場の課題解決に取り組んでおられます。

平成もいよいよ最後の月。

医療・介護領域で真摯に社会課題解決に取り組まれるお二人の熱い志に触れ、ともに新しい時代を迎える鋭気を養いましょう!

ファシリテーター役は、プルータスコンサルティングの中川卓也氏です。

大江橋北詰ホンマモン計画では、起業家や支援人材が自身のこれまでの苦労や体験談を参加者と共有することで、”起業のリテラシー”を高め、ベンチャーエコシステムを構築していくことを目的とします。
また講演終了後の約30分は名刺交換会も開催します。
本気で成長を志向する起業家、支援人材の方々は是非ご参加くださいませ!

参加費

2,000円(ワンドリンク付き)

※開催3日前までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は払い戻しいたします。
それ以降につきましては対応致しかねますので、ご了承ください。
なお、振込手数料を差し引いた額を返金させていただきます。

お申込み先URL
Peatix: https://peatix.com/event/623193/view

Doorkeeper: https://scrlab.doorkeeper.jp/events/89034

プログラム

第1部・18:30~19:20『世界の医療空白域をなくす』
(レキオ・パワー・テクノロジー株式会社・代表取締役 河村 晢 氏)

安定的なサラリーマン生活を生涯続けることに疑問を感じ、33歳で経営コンサル会社に転職。2011年に独立し沖縄で創業後、2013年より参加したスーダン共和国におけるドクターカー(巡回医療)事業で、妊婦や胎児の深刻な保健課題を目の当たりにする。日本では当たり前のように配備している超音波プローブ(超音波診断装置)を、スーダンをはじめとする途上国でも普及させることができれば、多くの不幸を減らすことができると考え現在の事業をスタート。しかし社会課題解決と事業の継続のバランスをとることに苦労、挙げ句の果てに考えついたビジネスモデルで世界を席巻しようと企てる。

第2部・19:30~20:30『訪問看護×データヘルス=医療情報 AIで平準化と効率化』
(株式会社eWeLL・代表取締役社長CEO・中野 剛人 氏)

世界ランカーのプロジェットスキー選手と飲食店経営者として異色の経歴。平成11年プロジェットスポーツレーサーの傍らレストラン Bαrの企画経営に着手する。平成24年eWeLL社設立に伴い飲食店経営権と全株式を後継者へ譲渡する。平成31年には出店から20周年を迎え外部コンサルタントとして対応する。
96年から始めたレース活動では練習走行中の事故で肝臓破裂10日間の意識不明の状況から不屈の精神で生還、その後18年間世界で 活躍するアスリートとして、全日本選手権2回の頂点に立ち世界選手権では2位、3位を日本人参加選手としては最高位の結果を残し 2012年引退、第二の人生に向けて起業する。
選手引退で頭に浮かんだのは「与えられた命」と引換えに与えられた人生で世の中に何を貢献し何を残せるのかだった。少子高齢化により政府の方針で長期入院から在宅療養に移行する事を知り、長期間寝たきり生活を余儀なくした経験から看護師の過酷な労働環境と役割の重要性を知っていた。
新しい医療制度に移行する中、中心的役割を担う訪問看護のICT化は国へ保険請求を行うレセプトシステムが中心で、業務支援システムが無い事を知り、以前からも疑問に感じていた不透明なIT開発方式が原因だと考え、『誰でも簡単に確実に使える』徹底した利用者 目線のITシステムを「ないものなら自分で作ろう!」と決心し、システム企画開発からシステムを用いたサービス提供をおこなう現在 のeWeLLを設立、現場の従事者の相棒になるという思いから『iBow』の開発に着手。経営者としての長い経験を生かし現在に至る。

第3部・20:30~21:00 『名刺交換会』

大江橋北詰ホンマモン計画とは?

2018年5月、プルタース・コンサルティングの中川卓也氏を発起人にして発足。
「ホンマモンのホンキとホンネの会」をスローガンに、起業家や支援人材が集まり、過去の失敗体験やそれをどう克服したかを皆で共有することでホンモノのベンチャーエコシステムの構築を目指します。

今後のスケジュール等は非公開のFacebookグループでもご案内します。参加ご希望の方は承認申請をお願いいたします。
→ https://www.facebook.com/groups/850377558483159/

登壇者紹介

河村 哲 氏
レキオ・パワー・テクノロジー株式会社 代表取締役

略歴:
1972年生まれ。桐蔭学園高校出身。京都大学大学院工学研究科修了後、住友ベークライト(株)入社。エンジニアとして電気電子部品向け高機能樹脂の開発や、絶縁材料の開発リーダーを担当。2005年(株)ドリームインキュベータ入社、大企業の技術系事業戦略・新規事業立ち上げ戦略策定、技術系ベンチャー企業の事業運営支援・投資・上場支援・民事再生等に従事。2011年レキオ・パワーテクノロジー創業。2018年、経済産業省が主催するスタートアップ支援プログラム「J-Startup」に選定された。

——–

中野 剛人 氏
株式会社eWeLL・代表取締役社長CEO

略歴:
昭和48年9月16日生
平成元年3月  枚方市立津田中学校卒業
平成4年4月 株式会社サンエース入社
平成7年1月 日本ジェットスポーツ連盟 ライセンス取得
平成8年1月 公式レースに参戦
平成11年1月 日本ジェットスポーツ連盟 プロライセンス取得
平成11年8月 飲食店レストランBar経営開始
平成23年9月 介護付き有料老人ホームあおい
       葬祭式場パルティ枚方東 ボランティア活動
平成24年6月 株式会社eWeLL設立
       代表取締役社長CEOに就任
       現在に至る
———–

中川 卓也 氏
株式会社プルータス・コンサルティング エグゼティブ・ダイレクター
略歴:
 1983年京都大学卒。外資系投資銀行や複数の証券会社、ネスレ日本・人材開発部長等を歴 任。その間、M&A、ファイナンス、デリバティブ、証券化、PE・ヘッジファンドの資金調 達、IR・コーポレートガバナンスアドバイザリー、組織・人材開発プログラム業務に従事。 事業会社や機関投資家の事業戦略、資本・財務政策、議決権行使基準、人材活性化へのアド バイスにより顧客の企業価値向上に努める。

イベント一覧へ戻る

ドロップイン型のクリエイティブラウンジドロップイン型のクリエイティブラウンジ

Copyright © SCRIBBLE OSAKA LAB

閉じる