START UP

【大江橋北詰ホンマモン計画~vol.4】『創業から資金調達に至る経緯と出資の現実』

日程2018.08.29(水)

時間18時30分〜21時

定員30名

参加費2,000円(ワンドリンク付き)

場所SOL

開催終了分

このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡・IoTベンチャーの雄と名古屋・バイオベンチャーの雄が揃い踏み!

第4回目も前回に引き続き、資金調達の現実(リアル)に迫ります。

前半60分は、名古屋の創薬ベンチャー・ラクオリア創薬株式会社の財務経理部長・武内博文氏から、主にファイナンス的側面から見たバイオベンチャーのビジネスモデルについてご紹介します。そこには創薬業界特有の規制やキャッシュフローの問題など、きっと想像を絶する苦労が…!?

後半90分は、スタートアップと支援人材のバディ形式によるトークセッションで、プルータスコンサルティングの中川氏がファシリテーターに加わります。
福岡で最も成功しているIoTベンチャーの一社・株式会社スカイディスクの代表取締役・橋本司氏とニッセイ・キャピタル㈱の井本潤一氏のお二人から、シリーズAの前後とシリーズBとのはざまにおけるさまざまな資金調達の現実(リアル)をお話しいただきます。

当事者にしか分からない苦労や体験談を共有し、参加者相互に“起業のリテラシー”を高めていきませんか?
本気で資金調達を考える起業家、支援人材の方はぜひご参加くださいませ!

参加費

 2,000円(ワンドリンク付き)

プログラム

18:30~19:30 『ファイナンス的側面から見たバイオベンチャーのビジネスモデル』
(ラクオリア創薬株式会社 財務経理部 部長・武内 博文 氏)

1. 会社のタイプ(創薬、診断等)
2. ビジネスモデル(自社開発、導入型等)
3. モダリティ(薬のタイプ)
4. 上市までの流れと規制
5. ファイナンス

19:30~21:00 『創業から資金調達に至る経緯と出資の現実』
(スカイディスク株式会社 代表取締役・橋本司氏、ニッセイ・キャピタル株式会社・井本潤一氏、ファシリテーター:株式会社プルータスコンサルティング・中川卓也氏)

1.自己紹介(橋本氏、井本氏)
2.会社の成り立ち
3.起業時の資金集め
4.シリーズA実施に至る経緯
5.シリーズA実施のメリット
6.シリーズBについて
7.現在と未来
余談:投資家が入るということ

大江橋北詰ホンマモン計画とは?

2018年5月、プルタース・コンサルティングの中川卓也氏を発起人にして発足。
「ホンマモンのホンキとホンネの会」をスローガンに、起業家や支援人材が集まり、過去の失敗体験やそれをどう克服したかを皆で共有することでホンモノのベンチャーエコシステムの構築を目指します。

今後のスケジュール等は非公開のFacebookグループでもご案内します。参加ご希望の方は承認申請をお願いいたします。
→ https://www.facebook.com/groups/850377558483159/

登壇者紹介


武内 博文 氏
ラクオリア創薬株式会社 財務経理部・部長
法政大学文学部日本文学科卒。協和株式会社・課長代理、株式会社スカイライト・バイオテック・取締役CFO、住商リアルティ・マネジメント株式会社シニアマネージャー、株式会社サイフューズ 取締役(兼任)等を経て現職。

     


橋本 司(はしもと おさむ) 氏
株式会社スカイディスク 代表取締役
長崎大学を卒業後、自動車関連メーカーで自動車部品の研究開発を行いその後27歳でシステム業界へ。2010年には九州大学 博士課程に入学し分散処理と人工知能の研究に従事。10数年のシステム開発の実績と大学での研究成果を元に2013年にSkydisc, inc.を設立。福岡発でAI×IoT事業を世界に広めるために積極的に推進中。


井本 潤一 氏
ニッセイ・キャピタル株式会社 シニアベンチャーキャピタリスト
京都大学大学院工学研究科材料化学専攻修士課程修了。富士フイルム株式会社有機合成化学研究所にて医薬品等の研究開発に従事したのち、Thomson Reutersにて特許・文献情報関連業務に従事。2015年よりニッセイ・キャピタル株式会社にて主に研究開発型ベンチャー企業への投資を担当。投資支援先は20社を超え、8社の社外取締役を兼務。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)等の事業プロモーターを務める等、積極的なベンチャー支援に取り組む。


中川 卓也 氏
株式会社プルータス・コンサルティング エグゼティブ・ダイレクター
 1983 年京都大学卒。外資系投資銀行や複数の証券会社、ネスレ日本・人材開発部長等を歴 任。その間、M&A、ファイナンス、デリバティブ、証券化、PE・ヘッジファンドの資金調 達、IR・コーポレートガバナンスアドバイザリー、組織・人材開発プログラム業務に従事。 事業会社や機関投資家の事業戦略、資本・財務政策、議決権行使基準、人材活性化へのアド バイスにより顧客の企業価値向上に努める。

イベント一覧へ戻る

ドロップイン型のクリエイティブラウンジドロップイン型のクリエイティブラウンジ

Copyright © SCRIBBLE OSAKA LAB