WORKSHOP

【全3回】ディープラーニング実践ワークショップ〜音声認識編【2-3月】

日程2019.2.12(火)・02.26(火)・03.12(火)

時間19時30分〜21時30分

定員15名(最低催行人数8名)

参加費全3回・3,000円

場所SOL

開催終了分

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマは自由。音声認識モデルの作成にチャレンジしてみよう!

ワークショップの趣旨

 ここ数年、書籍・教育講座・勉強会・インターネット等でディープラーニングに関する学習の機会が急速に増え、個人が独学で知識・技術習得することはさほど困難ではなくなりました。
 そろそろ学んだ知識・技術を応用し、現実の課題に適用してみたいとウズウズしているエンジニアの方も多いのではないでしょうか。

 本ワークショップは参加者の方の保有技術に応じていくつかのチームを構成し、何かしらテーマを決めてチームで取り組むというワークショップを通じて異業種同士の交流を促進し、ディープラーニング技術の応用力を磨く場として活用いただくことを想定しております。
 音声認識初挑戦の方のため、初日に約1時間ほど音声認識の基礎的なインプット及びハンズオンを行います。

 その後チームに分かれ、約1ヶ月で取り組む音声認識タスクのテーマ決めからチーム作業に着手いただきます。

《音声認識タスクの課題例》
– 英語や中国語、韓国語などを入力し、何語か判定するモデルを作成する。

 チームで何か新しいことに一緒にチャレンジすることに意欲的な方はぜひご参加くださいませ!

 本テーマでのチャレンジは、2〜3月での全3回を予定しています。 

対象者

TensorFlow, Keras, Chainerなど深層学習ライブラリの実装経験をお持ちの方
音声認識やデータの収集・蓄積、モデリングなどに役立つ得意技術をお持ちの方
チームでの共同作業に積極的な方
ノートPCを持参できる方 ※ 事前にご案内しますので、Jupyter Notebookや使用モジュールの環境構築を済ませてご参加ください。

開催日時・参加費・定員

●開催日時:2019年2月12日(火)・2月26日(火)・3月12日(火)19:30〜21:30

●参加費:全3回・3,000円

●定員:15名(最低催行人数8名)

プログラム構成

2019年2月12日(火)・第1回

19:30〜20:00 『音声認識の基礎』
20:00〜20:30 『音声認識用Pythonライブラリのハンズオン』
20:40〜21:30 『チーム分け及びテーマ決め』

2019年2月26日(火)・第2回

19:30〜21:00 チーム作業
21:00〜21:30 中間報告

2019年3月12日(火)・第3回

19:30〜21:00 チーム作業
21:00〜21:30 最終報告

その他

 Scribble Osaka Lab(SOL)のSlackチャンネルで、自主勉強会の参加者同士の質問・情報共有用チャンネルを設けております。参加ご希望の方は、申込みフォームのSOLのSlack参加希望にチェックを入れてください。

イベント一覧へ戻る

ドロップイン型のクリエイティブラウンジドロップイン型のクリエイティブラウンジ

Copyright © SCRIBBLE OSAKA LAB

閉じる